めぐみ(演出とか)

寒くなってきましたね。まだ膝小僧出してがんばっています。

さてさてわたくし、常々なるべく目立たず、地味に生きていきたいと願っております。
しかし運命は何故も私を波乱の中へ投げ込むのか…
ちょっと事故にあいました。私は悪くありません。
見た目はもういたって普通の体に見えますが、見えないところが
なかなか大変な事になっています。
ショックです。
あまりに気分が落ち込んだので、愛娘のセキセイインコのぴいちゃんに
なぐさめてもらおうとかまっていたら
「ぴいちゃん、かわいい~」
と言われました。しょせんお前は鳥類なのだな!
そんな言葉が欲しいんじゃないんだよ。
でもいいや、ちょっとなごんだから。

そんなわけで今日も平和を願い生きています。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2006-11-25 23:19 | Comments(0)

「人生いろいろ」

*どうやら私は今のとこ、実年齢よりも年下に見られているようです。特に若作りはしていません。
今までは密かに喜んでいたのですが、昨日職場の方から「そりゃあねえ、家庭を持ってないんじゃねえ~」と手厳しいお言葉をいただき、今ちょっと危機感を感じています。
だから今後はそういう意味で、年齢の話は避けて通ろうと思います。

*私の部屋には本棚があるのですが、「人には見られたくない」類の本は人目に付かない押入れの中に収納されています。
あるとき、帰宅後部屋へ行ったところ、姉がその禁断の本棚を物色・読書中でした。
かなり動揺していたんだと思います。文句をわめき散らしながら部屋へ入った私の足元で、手に入れたばかりの「よしこノンオリジナルサウンドトラック」が「ばきっ」
姉「・・・今のは、あたしのせいじゃないよ」
そんなことはわかってますっ!!

後日、姉もちょっとは悪かったと思ったのか、メモ帳を買ってくれました。
某漫画より、丼を持った先生と教え子のイラストです。
・・・姉よ、あんたって人は・・・。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2006-11-18 20:56 | Comments(0)

「じょじょ」

職場でパソコン入力をしていた同僚が、あるとき面白いサイトを発見しました。
日本のイケメン仏像がバンドを結成。それを取り巻く人々(仏像)や、ライバル達(仏像)という妄想話なのですが。
写真は入っているし、きちんと仏像の名前や安置(というのだろうか)されている寺の名前まで掲載されており、「仏像って、ちょっといいかも」と思わせるには十分なつくりとなっていました。

で、これをず~っと下にスクロールした先(だったかな?)に、(伏字にするのも面倒なのでひらがな表記で)「じょじょと仏像のポージング」みたいなコーナーがあり、そこをクリックしてみましたよ。

以前みっしが「じょじょの特殊な立ち姿で、『じょじょ立ち』と呼ばれるものがあって・・・」と話していたことがありましたが、そーかそーかこれでしたか。

感想はそれぞれあると思いますが、一つのことに夢中になれるのは、やっぱりいいことだよなというのが、私の正直な気持ちです。

だからといって、よしこのストレッチで「じょじょ立ち」を取り入れ、10秒キープしろとか言われれば、それはちょっと辛そうですが。

どんなものか興味を持った人は見てみてください。ちなみに「じょじょ」は本当はカタカナ表記です。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2006-11-16 20:47 | Comments(0)

「おとなごころ、こどもごころ」

以前、よく行くサイトのリンク先からリンク先へと転々としてたどり着いた先で、こんな話題を見かけました。
 
「仔狐三部作」
動物ものの絵本が好きな友人のために用意した3冊の絵本。(伏せる必要はないと思うが、一応伏字で)
順番に「手袋を買○に」、「ご○ぎつね」、「チロヌップのき○ね」
1冊目は読後穏やかな表情だったのに、2冊目は目を真っ赤にして涙目だった、この様子ではもっともヘヴィーな3冊目は読ませられない。

で、最近ちょっと用があって上記の「ご○ぎつね」を読んだのですが。
まんまと泣かされました。
それも素面で。ちょっとアルコールが入っていたら号泣したんじゃないかと思います。

前によしこの絵師さんが「私を泣かせたかったら○○と○○と○○の話を聞かせれば一発です」と話していたことがありましたが、そのうちの二つは私も泣きました。

「ご○ぎつね」は教科書に載っていたような記憶があります。が、当時それを読んで泣いたという記憶はありません。
大人になって、感受性が豊かになったということでしょうか。そういうことにしておきます。
自分に都合のいいように解釈するのは得意ですから。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2006-11-14 22:21 | Comments(0)

「前略、今日多分白鳥を見ました」

遅ればせながらの大打ち上げから、もう2週間以上過ぎてしまいました。
どんなだったかを伝えるのも今更なのですが、一応話のネタとして。

*あんなに餃子を食べたのは、人生初です。
*なのに、餃子を焼く手伝いをちっともしないでごめんなさい。
*人生ゲームは、やはり面白いと思います。風に吹き飛ばされて振り出しに戻り続け、ぶっちぎりの遅さでゴー  ルしたのは、演出&代表コンビです。
*「夫」の道楽(家を買い、クルーザーを買い、ロールスロイスを買い、偽ダイヤを買い)のため、しょっちゅう借金  をしながらも決算日までにはどうにか借金は返済している照明班。ある意味すごい。

場所を快く(無理やりともいう)提供してくださったK様には、この場を借りてお礼申し上げます。

で、タイトルの白鳥なのですが。
私の「だいな様」で「はくちょう」と入力したところ、何度やっても「は口調」となりました。何か間違ったのかもしれませんが、わからない人というのは、「どういう手順を踏んでそうなったのかもわからない」ものなんです。
いいんです。今もっかいやってみたらちゃんと変換になりましたから。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2006-11-13 22:10 | Comments(0)