「いたい話」

最近ネットで見かけた記事に、こんなものがあります。
「涙は天然の目薬のようなものであるから、泣くことはいいことだ」(物凄く要約)
ということですので、よしこをご覧になるお客様、遠慮せずがっつりと泣いてください。

それを踏まえまして(?)。

私は休日前夜、部屋で晩酌をしながら泣ける曲(よく使用されるのはエ○ヤや、過去の上演で泣ける場面に使用された曲)を聞きつつ、泣ける本を読んで、思いっきり泣いてみることがたまにあります。
けっこう、すっきりして気持ちのいいものです。

ですが、傍から見るとかな~りイタイものがあると思います。
「いたい」と思われて済むならまだしも、「心配しなくていいから病院行こう?ね?」などと言われてしまったら、説明するのが大変そうです。

ですので、家族には見つからないように気をつけようと思います。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2007-02-28 20:11 | Comments(0)

「ふかふか好き」

私はふかふかしたものが大好きです。
冬の上着には、襟元や帽子の縁などにふかふかしたものがついていることが多いので、ふかふか好きとしては冬は少しだけ嬉しい日々です。

朝、通勤途中にピレネー犬を見かけることがあります。白くて、でっかい犬です。ジョリーです。
そいつが夏に草の生い茂る川原を走っていたことがありました。・・・何だか、少し癒されたような気分になりました。

今の願望は、ピレネー犬の首に腕をまわしてぎゅうとしがみつき、あの白くてふかふかした(と思いたい!)毛並みに顔を埋めて、ふかふか具合を体感することです。

が、ビビリ屋なもので、絶対出来ません。

ので、今後おもちゃ屋に行く機会があったら、とりあえず白い犬のぬいぐるみを見つけてぎゅっと握ったり掴んだりして疑似体験を楽しもうと思います。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2007-02-26 21:07 | Comments(0)

「野次馬」

私は野次馬体質です。近所に消防車などが止まった気配があると、ついつい様子を見に行きたくなります。

先日、仕事帰りに近所の商店街を買い物袋をぶら下げて歩いていると、テレビカメラとかマイクを持った人が道行く人に話しかけては逃げられていました。
何の取材かなあ、逃げないで答えてあげればいいのに~、などとぼんやりと眺めながら歩いていると、ターゲットに逃げられた取材人、次の目標を私に定めた様子でこっちに近づいてきたではないですか。
道のはしっこを歩いていた私の、斜め前方および横方向からの接近。逃げられませんでした。(本気で走って避けたらかわせたとは思いますが、私、野次馬ですので、こんな面白そうな機会は滅多にない!と状況を楽しんでいたところもあったと思います。)

で、質問の内容ですが
「(一応伏字)差す毛議員が、知事選に立候補するかもしれないという話がありますが、このことについてどう思われますか?」
などなど。

アーケードの中とはいえ、屋外です。寒いです。鼻水が出てきそうでした。いくら私がおしゃれに無頓着とはいえ、鼻たらしはマズイでしょうと、鼻をすすりながらの回答でした。
その時点で午後6時ころだったので、「ああ、明日のニュースかな」と思いながら迎えた翌日。

よしこのメークプランナーのGンちゃんから、午後2時ころメールが届きました。
「姉さん、テレビ見たよー!」
Gンちゃん、よしこ人皆に同様のメールしたという話で、私も見たかったというありがたい感想をよしこ人からいただいています。

私も見てみたかったです。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2007-02-25 21:23 | Comments(0)

「顛末記・其の3」

山手線の車内には、テレビの音の無い奴みたいなのがあって、次の駅やいろいろな情報を流しています。池袋~東京間ですることもなかったので、ぼんやりとそれを見ていました。
気付くと運行状況が流れていました。
「~遅れ、~遅れ」・・・へえ、大変だねえ。
「~東北新幹線・強風のため運休(注・似たような別の言葉だったかもしれないけど)」

・・・まじっすか?!

発車時刻までまだ時間あるし、大丈夫だよね、うちに帰れるよね・・・。
不安を抱えつつも、東京駅へ。
何だか、改札の辺りがやたら混んでるんですが。放送でホーム内が大変混雑しているので改札の外で待つように言ってるんですが。運行再開のめどはたっていません、とかいってるんですが。

・・・まじっすか?!

乗車予定時刻を過ぎても運転再開のめどはたちません。放送では「東北地方へのご旅行は中止してください」みたいなことを話しています。
・・・あー、ダメだ。
新幹線はあきらめて夜行バスだ!と、バスの切符売り場へ。
そこには、盛岡線は満席の文字が。
・・・あー、やっぱりダメか。
みどりの窓口みたいなところで、(土~月のやまびこフリー切符を使ったので)明日も自由席なら乗れることを確認して、改札の外へ。
その場でゆうべ泊まったホテルへ電話。休日前じゃないだけあって空室あり。一安心して宿へ向かい、部屋についてとりあえず家に電話。
「あー、あたし。何か新幹線が停まっちゃってさあ、帰れないからこっちに泊まってく。あ、ちなみに、明日あたし年次取っててもともと休みだからー」

「顛末記」の最初に書いてある「そのときの考え」には、実は続きがありました。

・私の今までの経験上、大はしゃぎをした次の日(公演が終了した後日とか)は大体かぜをひく。
                      ↓
・年次有給休暇を申請しとけばいいじゃん。有給あまってるし。
                      ↓
・いとう、いいぞっ!

そんな訳で、思いがけず東京二泊となったのでした。
私の野生の勘って、ある意味冴えてるかも~と思いながら。

翌日5日の始発の新幹線で盛岡へ。「もしかして今日も運休とかあったりしたらどうしよう」とかなり心配しましたが、この日は通常どうりの発車でした。
その後、無事に盛岡に到着。出発するときには無かった雪が積もっていて、びっくり。

家に帰り一息ついて広げた新聞に驚きの事実が!
・・・新幹線、あのあと運転を再開したらしいです。私が東京二泊を決めた30分後くらいに。

・・・まじっすか?!

いいんです、もう。いろいろ勉強になりましたから。人間、こうやって経験を積み重ねていくことで成長していくんです、きっと。

最後に。

今回の件で一番被害を被ったのは、宿代が予想外にかかってしまった私です。
二番目は、新幹線が運休しているという情報が入った時点で時間つぶしをするしかない私が、「この人なら、相手してくれるだろう」と、ぼやきメールを送りつけてしまった音響お手伝いをしてくれたE美ちゃんだと思います。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2007-02-23 23:56 | Comments(0)

「顛末記・其の2」

目的駅へ到着。「会場は駅を出てすぐ」という情報だったものの、分からなかったらどうしようという心配は無用で、人の流れについていったらたどり着けました。誰かについていけば着けるって、なんて楽なんでしょう!(だから方向音痴が治らない)

開始時刻を知らせる火サスのテーマに拍手がおこったり、スタッフの姿に「娘さん、マスクをしてると大きな声を出しても通らないよ」と内心ツッコミをいれつつも、一生懸命な姿にちょっと泣きそうになったり(私はこれで今回の芝居の自分の目標を「感動させるスタッフワーク」としました)。
本当に楽しいひと時でした。

戦利品(?)が山のように入ったカートをゴロゴロと引っ張って駅へ。
新幹線の時間まではけっこう余裕があったので、池袋へ行ってみました。重いカートはコインロッカーへ預け、身軽になって時間つぶしへゴー!(といっても、駅前をうろうろするだけで終わってしまいましたが。)

私は、たとえ指定席であってもかなり早めにホームに入っていたい人間なので、新幹線の時間まで1時間半ほどの余裕がありましたが、東京駅へ向かうべく荷物を取りにコインロッカーへ向かいました。
が、しかし。「ロッカーの場所が、わからん・・・!」
池袋駅って、かなり広いです。で、ロッカーもたくさんあります。出入り口とか改札口もいっぱいあります。自分が預けた場所なんて覚えてません。

いとう、ピーンチ!

自分を落ち着かせながら、案内板を探し、ウロウロし、それでも見つからないものは見つかりません。
こうなったら・・・と目をつけたのは、駅のインフォメーションセンター。こんなこと聞いてもいいにかなぁとかなり不安ないとう。以下、当時の会話。
い「あの、すみません。ロッカーの場所がわからないんですが・・・」
駅「これからお預けになられるのですか?」
い「いえ、そうではなくて、預けてた場所がわからなくて・・・」
駅「ロッカーの鍵はありますか?(差し出した鍵をみて)こちらのロッカーですと、そこをまっすぐ行ったキオスクを~」
かなり慣れた応対。きっと毎日そういう人が来るんだね、ごめんねお姉さん手数をかけて・・・、ありがとう・・・!と心でお礼を言いながら言われた道をたどって(たつもりで)ロッカーへ。

どこ?

説明だとそんなに何度も曲がったりしなくてもいいような場所だったんだけど、ないよ!?
えぇ?もう一回聞きに行かなきゃだめ?ていうか、聞いてから5分もたってないのにまた聞きにいったら、私の評価「お馬鹿さん」?それは嫌だな~。と半分泣きそうになりながらその辺りを歩き回ること数分。

・・・あった・・・!

前回公演で飛行士と王子が井戸を探して一晩中歩き回り、やっと見つけた飛行士のセリフで同じ言葉がありましたが、シチュエーションは似たものがあると思います。この世のいろんなものに対して感謝の祈りを捧げたいような気持ちでした。
時間にゆとりを持って行動していた自分、えらいよと自分を褒め称えつつ東京駅へ向かうために山手線に乗車。


やっぱり長くなったので、其の3へ続きます。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2007-02-23 22:29 | Comments(0)

「顛末記」

今月の3日と4日、東京に行ってきました。
用事があったのは4日だったので、本当は日帰りでも良かったんですが、当時の考えを記載しますと
・現在は2月、2月は冬、冬といえば(暖冬とはいえ)雪
             ↓
・去年の冬のようなドカ雪が一気に降ってしまったら?
             ↓
・いくら新幹線でも遅れたり、最悪、運休?
             ↓
・この日のためにいろいろ準備したのに、俺、行けない?
             ↓
・いとう、ショーック!!
             ↓
・じゃあ、前の日からいけばいいじゃん。
             ↓
・いとう、かしこーい!!

ということから、「初・一人で東京一泊旅行」となったのです。
ホテルの予約をネットでする、という体験を初めてしてみて、文明の利器という言葉を痛感いたしました。

で、出発日。
この日のために買ったカートをカラカラと引っ張り、盛岡駅→新幹線→東京駅。
時間つぶしをしたりして、さあ宿へ向かいましょうと印刷してきた地図を片手に歩く私。
これでわかったのですが、「夜の地図は、あまり役にたたない」。(だって暗いと看板とか見えないし)
それでもどうにか宿へ着き、明日にそなえて「おやすみなさい」

そして翌日。
雨降ったらやだなぁと心配していたものの、快晴。
チェックアウトにはちょっと早いよなあと思い、テレビをつけるとちょうど「仮面ライダー○○」の時間。今度のはこんななんだ~、へ~、とひとしきり感動した後、チェックアウト。
宿を出て駅へ向かうも、駅の方向が分からず通行人を捕まえて道を聞く。これだから、方向音痴ってやつは・・・。

しょっぱなでいろいろありつつ、その後の乗り換えも無事にこなし、無事会場へ。
あ、そういえば。はじめてモノレールというものに乗ったんですが、それの車内放送がちょっと気になりました。テロ等の防止のためなんでしょうが、「~車内で、不審なものを~」って、よく言うじゃないですか?それが「~車内で、不思議なものを~」に聞こえてしまいまして。じゃあよしこのみずこ人形をその辺にころんと転がしておいたら、誰かが「不思議なものがあります!」って通報してくれるのかなあ、だってどう見ても不思議なものだよなあ、とか、妄想はどんどん膨らんでいくのでした。

これを書く前、これ全部書いたら絶対に長くなるよなぁと思っていましたが、やっぱり長くなりそうなので、続きは後日。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2007-02-22 21:45 | Comments(0)

更なるよしこの活動のため、今回は東京調査へ行ってまいりました。

まずは更なるよしこHPへのアクセスの精度を高めるためマイマウス
購入。

調査と各界の先生からのアドバイスをいただきながら某社の製品を
セレクト!すばらしい・・・お金を出して買ったマウスがこんなに効果を
発揮するとは(@_@;)今まで馬鹿にしてゴメン

よしこの新アイテム発表会時には広い会場でも利用できる10Mぐらい
無線可能なマウスがよいのではないか!?
ぜひ所長にお願いしてみようφ(..)メモメモ

さて、次は劇団員の期待を背負いながら街へ・・・・
あった!早い・うまいといえば「どんぶり」

一軒目 皆が食べている特上親子丼なるものを注文。
卵好きの私にはたまらない黄身です♪1500円なり

二軒目 これまた店内皆さん食べているフォアグラ丼注文。
美味しいけどよしこのメンバーもそろそろ健康診断ひっかかりそうなので
却下だな・・・・

今回は私の腹の都合で2軒で終わりましたがこの報告が次回の旅公演
の食事に生かされることを願い報告を終わります。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2007-02-20 21:19 | Comments(0)

ともえ(小道具とか)

金曜日に同僚とフカヒレお一人様6000円コースを食べちゃいました。
あーなんかOLっぽい。。。
そんなことを考えながら食べてたらあっという間に無くなっていた。

味わうためにはお酒を飲んじゃダメダ・・なんていってノンアルコール
でした。が、あっという間。。。はかないなぁ

でも来週からまた頑張って働こうなんて気になる。
たまにはこういう無駄遣いもいいもんだ。なんて食後のミスドの
コーヒーを飲みながら考えました。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2007-02-11 23:14 | Comments(0)