ともえ(食の探求)

先日私が食した親子丼がテレビにでとりました。
私のレポートがあちこちに影響を与えてしまったようです。

ヘルシーな食を求めてやってたどりつきました!
日本そばで作る焼きそば!
…以外にイケます☆味はもちろんソース味。ルチンも入って栄養もあり、旅食にもってこいです。
この評価が独りよがりではないのは、とある店のメニューに存在していることでも証明されます。680円お試しあれ
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2007-03-31 12:56 | Comments(0)

みっし(装置とか)

こんばんは~。
今日は寒風吹きすさんでましたね。

よしこさん達は、本日「新アトリエ(予定地)」の、大掃除にお出かけしました。
現在のアトリエより、ほんのちょっと遠くてほんのり広い物件です。
しばらく人が住んでいなかったらしいので、人が素足で上がれる状態が目標です。
ゴム手袋やら雑巾やらを装着/装備。さらには、おなじみのよしこタオル・よしこエプロンを装備。
みんな、よしこが好きなのね~。。。
到着直後は「どこから取り掛かれば・・・」と戸惑うよしこさんたちでしたが、さすが『馬車馬のように働く』が信条の人々。天井・窓・床・壁etc、さくさくと掃いて拭いて磨いて。頑張りました。
そんなよしこさん達の強力な助けとなったのが、ともえさんがもってきた洗剤。
夜中の通販番組で買ったとか買わないとか。その洗剤を壁につけて拭いたところが、あからさまに白くなって、「おおーっ」というどよめきが。
それこそ通販の1シーンのように、洗剤会社のまわしもののように、感嘆の声をあげたのでした。

なんとか一段落させて。遅めの昼ごはんの後、有志で川徳へ。
お目当ては「全国うまいもの大会」です。
『今日しか買う機会はないかもしれない』と思うと、購入意欲がムクムクと――。
めったにお目にかかれない「赤福」もいいなぁ。見たことないくらい大きくて甘酸っぱい「紀州梅」も素敵だなぁ。初めて食べた「じゃが豚」はツルッとしてあつあつでもっと食べたい気がするなぁ。
うーん、どうしよどうしよ・・・と悩んだあげく、神戸の中華まんにしてみました。
(今から食べます。)
ああ、でも色々捨てがたいので、もう一度行くかも知れません。
うまいものの誘惑って、抗いがたいですねぇ。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2007-03-12 00:33 | Comments(3)

みっし(装置など)

ようやく雪が消えてきましたね。
春と冬をいったりきたり。-4度から+10度近くまで気温の変化があるんだもん。他の季節では考えられない温度差。
なのに慣れちゃうとそれが当たり前になるんだから。不思議。

先ほど、「爆笑オンエアバトル」を見てました。
しばらく見逃してるうちに、年間チャンプを決める大きな戦いになってたり
応援してる芸人さんがその戦いに食い込んできてたりして色んな要素でびっくり。

私が応援してるのは「タイムマシーン3号」さんというコンビです。
スレンダーな常識人のつっこみと、ぽっちゃりなのに敏捷性のあるぼけの、テンポのいいコント。
しょっぱなから引き込まれちゃう。
M-1にもでてたことあったし、どんどん頑張ってほしいなぁ。

他にも。トータルテンボスさん、星野哲也さん、U字工事さん等など。好きな芸風のかたはいっぱいいて。みんなみんな、がんばるといいなぁ・・・と勝手に応援してます。

あとは、同い年を無条件で応援してしまいます。劇団ひとりさんも、桜塚やっくんさんも、須賀貴匡さんも。(前後1歳含む)
須賀さんは、「仮面ライダー龍騎」にでてた役者さんで。仮面ライダーシリーズは、うっかりチャンネル合わせてしまい、うっかり面白かったら割と真面目に見ます。
「龍騎」と「カブト」は我が家では評価が高いです。
私と同居人その他が、“お部屋ノート”(連絡用)に熱い感想を書き込んだり書き込まなかったり。
「仮面ライダーカブト」で抜群の存在感をみせた徳山秀典さんのブログは日々チェックしたり。

なんだろう。「プロジェクトX」を好きなのと似た感覚で。
発展途上で頑張ってる姿をみて、「よし、自分も」という元気をもらうのかもしれません。

よし。明日もがんばろ~。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2007-03-10 02:54 | Comments(0)

みっし(装置だったり)

「いたい話《パート3》」


えー、続きましてw
ねーさん・代表に続いて《いたい》もの、披露させていただきます。

・自転車による転倒
  極寒の地、盛岡において最大のアトラクション。
  ふきすさぶ風で視界をさえぎられ、かじかむ指先は痛覚通り越して麻痺しはじめ、雪に隠れた凍結にバランスをうばわれ、転びます。
  転ぶときは、意外とゆっくり景色が見えます。
  今年は雪も寒さも少なくて良かったですね。
  
  歩いてて向かい側からやって来たかたを避けようとして路肩で転んだとき。
  「大丈夫ですか?」と言われると恥ずかしくなっていたたまれません。
  なんの声もかけられず通り過ぎられると腹立たしさとばつの悪さでいたたまれません。
  ・・・どうあるべきでしょうねぇ。。。


・ディープな視聴
  この間、なんてことない刑事モノのドラマで泣きました。
  交換殺人に追い込まれていく被疑者の、殺人をするかしないかギリギリまで迷って責められて苦しんで悩んで、その挙句の選択に不覚にもほろり。
  それはともかく。
  私は視聴するとき、そのテキストと相性が良ければ、なりきってハマりきって観たりします。
  いえ、ネトゲではなく。どうということないRPGやそのへんのドラマでも。
  製作した方々への敬意とか礼儀とかでしょうか。
  とくに顕著なのが「零」シリーズと、「メガテン」シリーズ。
  
 「零」シリーズをプレイ中の私。
 『お姉ちゃん・・・ずっと一緒だって言ったのにぃぃぃ!!! おねーちゃーんんん!!!』
 と、号泣しつつ、コンボを繰り出す。

 「メガテン」シリーズをプレイ中の私。
 『俺は東京を元に戻したいだけなのに・・・なんで“東京受胎”なんて起こしたんだよぉぉ、先生ーーーーー!!!!!』
 と、号泣しつつ、攻撃/回復。

  はたから見たらイタい光景ですみません。
  でも、“がっつりと泣く”ことには成功しているので、癒しと言えば癒し?
  
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2007-03-09 01:35 | Comments(0)

おおぬま

「うたってみよう」


女の子のお祭り「ひなまつり」。
子どもの頃どこかで歌ったあの歌を、今でも歌えますか?
ちなみに歌のタイトルは「嬉しい雛まつり」、四番まであります。

歌ってみた。

わりとスラスラ歌えるのだ。
が、ふとしたところでつまづく。

例えば二番「おだいり様と」…何なのか。

あれだよ、「二人並んですまし顔」と続くから、対になってる…

『おひなさま』

…頭はそう覚えてるけど、
「おひなさま」って、
「ひな」人形って、これ全部でしょ、全体のことでしょ、
そこには「おだいりさま」も含まれてるわけで、それはなんかオカシイよね。
「おだいりさま」と「おひなさま」ってのは
「大沼」と「よしこ」みたいなもんでしょ?
大沼とよしこ、二人並んで…それはもしかしたらアリな気もするけど…

そうなると続きの歌詞は
『おひめさま』?

意味的にはすっきりするけど…
「おだいりさーまと、おひめさまー」
なんか微妙…




昔歌った歌を、久々に歌うって作業は
自転車の乗り方みたく体が覚えてる。
自然に歌詞がするする出て来て
「ああ、そう!」って頭が後から思い出す感じ。
なので、こんなことも…

♪お嫁にいらした姉様に、よく似たかんじょの右大臣…!

どんな右大臣なんだorz
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2007-03-04 23:04 | Comments(0)

おおぬま

「いたい話《パート2》」


昨夜、職場の飲み会がありまして…。
本社の方がお見えになるということで、平日の木曜。
おかげで今朝はなかなか起きられませんでした。

職場の休憩時間、ぼーっとしながら、
ふらふらトイレへ行くと、
出てきたばかりの女性と危うくぶつかりそうに!

一瞬の至近距離、
寝不足モードの私は、その一瞬、あやうく…



彼女を抱きしめそうになりました。



だって、だって…
その人の身長が丁度良くて…
小さくて、
頭が私の胸の位置にあるんだもん!
ちょっと吸い込まれそうになっちゃった…

ぼーっとしたまま、ふーーっ、と溜息ひとつ…
「節操ないな(笑)」と自分にツッコミ。
※↑これ、トイレに座り込んだ状態です。イタすぎるシチュエーション…

因みにその人は同じ職場の人。
あんまりしゃべったことはありませんが。
全然知らない人にそんなことはいたしません。
そんなだったら、女性と言えどもケダモノです。
(あ…知ってる人でもケダモノ デスカ?)


芝居で男っぽい役が多いと、
こんな寝不足ぎみの頭の時は、
日常生活に支障(未遂です)をきたします。
そんなタイミングと状況を天から与えられると、
私の中の何かが目覚めます。
  お願い目覚めないで、まだフツーの女の子でいたいノニ
   …すでに手遅れ…

私のこんなおふざけを、わかってくれそうな、
同期の彼女(@トンカツ)に速攻報告。
笑ってくれました。良かった。
そうだよね〜この状況じゃ抱きしめたくなっちゃうよね〜ね〜自然現象だよね〜…



思春期か!?
欲求不満の男子中学生か!?(←偏見?)

『ふぅーん…、ゆうくんもパンにこんなもの塗るようになったんだ…(笑)』
by 「覚醒」の母 の台詞より
 こんなものって、どんなものだったんだろう…


今もまだ、頭変なモードでこれ書いてます。


ちなみに…
飲み会の席で本社から来た方に、
ミドルネームで自己紹介をすることになり、
自薦他薦で急遽名前が決まりました。

同期の彼女は、昼間に「トンカツパフェ」の話しをしていたばっかりに…
そう、彼女はトンカツ(パフェ)と命名されました。

私のは… ご想像におまかせします。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2007-03-02 14:49 | Comments(2)

「毛が3本」

昨日、髪を二つ分け(おさげの三つ編みじゃないやつ)で仕事に行きました。そこで、実は常日頃から感じていた疑問を職場のAさんにぶつけてみました。

私「なんか、私、髪の量少なくないですかね?」
A「・・・あぁ・・・、言われればそう、かも・・・」

大事にしていこうと思いました。

そして。

それまであったものがある日突然なくなる驚きと、なかったものが突然あるようになった驚き、どちらがより衝撃的なのか、この機会に真剣に考えてみようと思いました。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2007-03-01 20:33 | Comments(0)