よしこ研究所研究員

ゲキシネにて蜉蝣峠を拝見しました。

舞台の詳細、全体が映しだされ観客の笑い声やホントの舞台のように
休憩もあって、何かLIVEで舞台を観てる気分でした。
家で見るより作品の世界に集中できるし、おススメです。

それにしてもお芝居をみるとどんな話だった?と聞かれるのですが
「説明できません!」
私の言葉が足りないのか、笑ったり泣いたりしたことは舞台のパーツの
一部であって、作品の良さをうまく伝えることが出来ないんです。

あーでもでも、先日NHKで言語力の低下が取り上げられていましたが、
きっと私も低下している人間の一人なのでしょう。

今回の話についてはHPがあるようなのでどうぞ妄想してください^m^
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2010-02-23 01:11 | Comments(0)

よしこ研究所研究員

先日掲載した写真は何なのか書き忘れましたが、日本酒と牛タンチップスです。
奥州筆頭の文字がまぶしいですな。まだ飲んでいません。

ところで私、ずーっとよしこ人に「眉毛が薄い」といわれ続け、そのように思って
おりましたが同僚から
「薄くないですよ」
と眉毛薄くない認定をいただきました071.gif

要するにですね、よしこ人は立派な眉毛の人が多すぎるから、普通の人が
薄く感じるのではないかという事です。
思い込みってコワイですね。
037.gif
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2010-02-10 00:32 | Comments(0)

よしこ研究所研究員

よしこ内に歴女というかBA●●RA好きが多いという話を聞きつけて
購入してみました。

d0002143_1831953.jpg


ふふふ・・・皆さん、うらやましいでしょう。。
申し訳ありませんが、私が味見をしておきますね(*^_^*)
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2010-02-06 18:40 | Comments(0)

やっとそれらしいネタがやってきました。
さて本日2月5日は『笑顔の日』
いつもニコっ(25)と笑顔でいましょう、という日です。

もしずーっと笑顔の人がいたら…
それはとても素敵な人…か、ちょっと怖い人。

何もそんなときまで笑わなくても…という場合がありますが、
私は何故か「痛い」ときに笑ってしまいます。

先月、うっかりベッドに足の小指をぶつけました。
「痛い痛い…」と痛みに悶えながらも大爆笑、しかもその笑いが止まらない。
(*ノ∀`)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \ …ね、ちょっと怖いです。
痛さと共にこみ上げる、あの笑いはいったいどこからくるのでしょう。
現在その小指の爪は若干黒くなってます。

この時ばかりでなく、かつてナグリ(金槌)で指を思い切り打ち付けたときも、
泣きながら大笑いして、すっかり妙なテンションになってしまったことがあります。

どうも、自分はフツーではない気がする…

そう思ってよしこの人に尋ねたところ
「あぁ、痛いときって笑っちゃうよね」

「あぁ、あたし、大丈夫だ…」:*:・(´Д`)・:*:
そっと胸をなでおろした瞬間でした。

痛いときに笑ってしまうのって、きっとそれは私が私になる前の、
太古の記憶なのかも…きっとそうなのだわ…
そんなことをあらためて考えた『笑顔の日』でした。

というわけで、今週の『今日はなんの日』を終わります。
今週もお付き合いいただきまして、ありがとうございました。
(今週はちょっと苦しかったな~w)
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2010-02-05 12:56 | Comments(0)

ひいた風邪がなかなか治らないおおぬまです。
薬代わりに職場に置いてたリポデーを飲みました。美味ー。
皆様も季節柄、風邪にはお気をつけください。

さて本日2月4日は…
ジャジャ~ン\( ̄∀ ̄*)/♪ 『鰊』の日です。

一発で読めたあなた。尊敬します!!
「へぇ、そんな日があるんだ」と一瞬思ったあなた。ごめんなさい!!
今日は鰊(について語る)の日、ということで…

 
2と4の語呂合わせ。
もうわかりましたね、『に・し・(ん)』です。

海水魚。別名、春告魚(はるつげうお)。
春を告げるお魚ですよ。

私が毎朝楽しみにしているテレビ番組『●ャキ~ン!』。
「もの申す」というコーナーがあるんですが、
自分の名前に不満を持った様々な「もの」が視聴者に新しい名前を募集するというもの。
これで以前「数の子」が『自分は「数」の子ではないので、新しい名前を考えて欲しい~』
と訴えておりました。
そう、数の子はニシンの子。
親ばかりでなく、子まで美味しくいただけるお魚です。

……で、ネット検索していて、私わからなくなりました。
「ニシン目ニシン科」とあるものと
「イワシ科ニシン属」(以下同)

どっちなんでしょう!!!∑(゚ロ゚!(゚ペ?)???

とりあえずそんなことを考えながら、夕食はニシンを食べようかな…

そうそう、ニシンは風邪の予防に有効なビタミンAが
豊富に含まれているんだそうですよ。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2010-02-04 19:18 | Comments(0)

そろそろ自転車に乗れそうだなと思ってたのに、今朝の道路状態。
みなさまは大丈夫でしたでしょうか?
職場前の道(?)は、かつて後頭部を殴打したことがあるほど
冬は油断できない魔の地帯なのですが、((( ゚д゚;)))
今朝はこの冬初めての芸術的な氷のアートが出来上がっておりました。
足元をにらみつけるようにして歩いていたので、
そのすばらしい光景を楽しむ余裕はありませんでしたが…

さて本日2月3日は、記念すべき1周年。(…何が?)
私が「今日はなんの日」をテーマにこのブログを書き始めて、丁度1年なんです。
ついに2ラウンド目突入ですよ(まだ続くのか…)
それにしても、まったく同じ時期にブログ当番が回ってくるなんて、
何かの陰謀ですか、E美さん。
毎日が何かの記念日であるとしても、
私にコメントできるものとそうでないものはある!
私は万能ではない!(当然だ…)
あんまりネタがつきたら、自分で勝手に記念日作っちゃおうか…

というわけで、今回は定番で行きます。
『節分』の日。

本来は各季節の始りの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことで、
現在では春の節分だけが行われています。

季節の代り目には邪気が生じると考えられているそうで、
それを追い払う為、この日の夕暮れには、邪気の侵入をふせぐ目的で
柊の枝に鰯の頭を刺したものを戸口に立てておいたり、
炒った大豆を蒔いて歳の数だけ食べたりする習慣がある…そうです。((φ( ̄Д ̄ )

残念ながら現代では…少なくとも私の人生においては、
鰯の頭が戸口に立てられた光景に、お目にかかったことがありません。

豆まきは実家や前の職場でやっていました。大豆ではなく落花生でしたが。
よしこの公演でも『節分企画』と題して、鬼をテーマに7つの短い作品を
オムニバスでやったことがありました。
大量の豆(大豆)が舞台上で大活躍…懐かしいです。

それにしても、なぜ『豆』なのか…!?

豆まきには悪魔のような鬼の目"魔目〔まめ〕"にめがけて豆を投げれば
"魔滅〔まめ〕"すなわち魔が滅するという意味があると考えられています。
これらの意味から、豆は鬼を払う道具でありながら、鬼そのものととらえられていたようです。
(日本文化いろは事典HPより)

今年のでん六節分キャンペーンの鬼の面は『エコ鬼』だそうで、
鬼の額にecoの字が配されています。

「ECOは外~」ということでしょうか。≡≡(。-ω-)ノ∴☆(ノeco)ノ
エコ鬼と一緒にはじめようエコライフ!というコピーがついているので、
追い出すというより、一緒にというイメージのようです…

ちなみに今年の恵方は西南西(西微南)だそうですよ~。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2010-02-03 12:39 | Comments(0)

さて本日は2月2日…
しかも平成22年2月2日ですよ!
Vサインの日ですか?
笑顔の日ですか?

頭痛の日でもあるようですし、
夫婦の日(以下同文)、

今日は『お麩の日』で、行きます。
今日は『麩』を応援します!(´▽`)

全国の麩屋のおやじが、一致団結し、毎年2月2日を全国統一キャンペーンデイとし、
また毎月2日は麩の日と決めました。
家族、親戚、とにかく会う人、会う人と「麩の日」を合言葉に
安心、安全、麩(ふ)を食べましょう。

(協)全国製麩工業会公式HP「麩の日」ポスターより抜粋

なんかすごい文章ですが、ちゃんと公式HPからです。
「麩屋のおやじ」って私が言ったんじゃないですよぅ…

私、麩は好きです。
玉麩とか、花麩とかって見た目にも可愛いですし、
主にお味噌汁ですが、あのふやっとした食感も好きです。
ただし、甘いのは苦手。
麩菓子とか…(-д-`*)
これはゴマ(黒限定)にも言えることで、
坦々麺や胡麻和えなどは食べられるんですが、
餅や団子や菓子になると、どうも苦手…

いや、今日は麩を応援するんだった。

世の中には自分に似た人が3人はいるって言いますが、
麩の世界にもいました。
「大沼焼き」。私と一文字違い。姉妹みたいです。
大沼焼麩店。手作りのグルテンに一つ一つ手間と愛情を加えて焼き上げているそうで、
白玉麩、くるま麩、みやこ麩、棒麩、あられ麩、城下町麩…(麩っていろいろあるんですね)
店頭で見つけたときは、思わず買ってしまいました。
まずはネーミングにひかれ。おいしかったですよ。

お麩の調理方法もいろいろあり、
パンのように使って、フレンチトーストみたくするとか。
でも一番驚きで、興味深いのが『お麩のラスク』。
一度試してみたいものです。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2010-02-02 10:44 | Comments(0)

えー、2月ですね。
お久しぶりのおおぬまです(。・ω・。)ノ
もう新年のご挨拶には遅すぎますが、
今回(今年)も、どうぞ宜しくお願い致します。
というわけで今週も、私が「今日はなんの日」を題材に、
自由に思うがままコメントさせていただきます。

さて本日2月1日は…ニオイの日。
「に(2)お(0)い(1)」の語呂合せです。
平成12年(2000年)に、P&G「ファブリーズ暮らし快適委員会」が制定したのだそうです。

「ファブリーズ暮らし快適委員会」
とはどんな組織なのか!?
google検索してみると、多くは今日の記念日についてのコメントばかりで、
実態はつかめず謎は深まるばかり。
どうやら生活上のニオイの研究や意識調査などを行っている(いた?)委員会のようですが…

ちなみに「ファブリーズ」は、英語で「布」を表すファブリック(fabric)と
「そよ風」を表すブリーズ(breeze)の造語なんだそうです。(公式HPより)

青空の下、干された洗濯物がそよ風にはためくイメージでしょうか。
う~ん、清々しい。(´vωv`)。

消臭剤や洗剤等の商品には、○○の香り…という名前が付いていますが、
店頭に置かれた匂いのサンプルを嗅いでみたことがあります…
む~、なんとも…雰囲気は出てるんですがね、そうかと言われると…

お気に入りの小説が映画化されて
イメージと違うな、と感じるように、
匂いに対するイメージは人それぞれで、
ましてやそのもの自体ではないわけだから、
難しいでしょうね。

因みに昔よしこの公演でのアンケートで、
「あなたの好きな匂いはなんですか」という項目を設けたことがあったのですが、
「雨の降る前のアスファルトの匂い」「灯油の匂い」等
なかなか面白い回答がありました。(当時の記憶です)
私の中では、すぐに浮かぶのは「太陽の匂い」、
やばいくらいに魅かれるのは「薬の匂い」です。
特に正露丸…人間として問題あるのでしょうか…( ゚д゚)
でもやっぱり、おいしいそうなごはんのニオイにはかないませんな。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2010-02-01 16:21 | Comments(3)