どうやら…(あき)

こんにちは。あきです。
忘年会ラッシュが終わったと思いましたら、
安心して、風邪をひいてしまいました。
先ほど、検査キットで調べてもらい、インフルエンザ確定です。
点滴したら、帰って寝ます。
皆様もお気をつけてください。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2011-12-28 11:27 | Comments(0)

忘年会(あき)

いつの間にか、一週間がすぎてしまいました。
忘年会、年末会議等々ばたばたすごしているうちにもう一週間ですね。
皆さんは何回忘年会の予定ですか?
私は今年は9回です。
もう、来年の分まで年を忘れそうです。

沿岸の施設の忘年会では、今年は忘れてはいけない年だから、とのことで、
「忘年会」とは書かないケースが多いです。
さまざまな書かれ方をしていますが、
「復興会」
「復幸会」 
「望年会」

などなど様々に銘打っています。個人的には「望年会」が好きです。

食材もアトラクションの景品類も沿岸地域のものに限定して、少しでもお金を回そうとしています。
職員への慰労の意味を込めて、少しでも復興のために、との思いを感じます。

もう9ヶ月という表現が増えてきましたが、「まだ9ヶ月」です。

この先も、ずっと、復興していく沿岸を見続け、できる方法で支えたいと思います。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2011-12-21 17:26 | Comments(0)

当たる(あき)

ブログ当番が回ってきました、あきです。
期末期首からの年末年始でバタバタしてますが、なんとかギリギリ生きてます。

さて、<当たる>について。
私は仕事を始めてまる7年。
ずっと車で外回りです。
7年の中でも今年はかなりの当たり年。

今までは一度もなかったのですが、今年はパンク二回のフロントひび割れ二回。
それぞれ理由は違いますが、自然災害的な要素が強く、あまりにも当たり年。

大きな事故はないので、これから年末気を付けないとなーと思います。

逆に、この調子で宝くじとか当らないかな、とちょっと思ったりするこの頃です。
皆様も年末年始、お気をつけください。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2011-12-13 11:42 | Comments(0)

今日は、私が初めてクリスマスツリーを買った日です。

じゃなくて…

1886(明治19)年のこの日
横浜で食料品の輸出入を手掛ける明治屋さんが
滞在している外国人船員のためにクリスマスツリーを飾りました。
それが日本で初めてクリスマスツリーを飾った日、なんだそうです。

日本で初めて…って、すごい記録が残っているものですね。

年に一度のクリスマスに、ツリーを飾ったのは子どもの頃。
星だの丸いものだの、豆電球だの雪(綿)だの箱の中から引っ張り出して
ひとつひとつ飾りつけること自体がなんだかとっても特別な行事でした。
あの丸いものはリンゴの実をイメージしたもので
エデンの園の知識の木を表しているのだとか。

ブログにアップできる素材(ツリー)はないかと
家の中を探し歩いてみましたが
「~のようなもの」すらなく…

ついに買ってしまいました。(百均…パンダは除く)
今日は私にとっても
クリスマスツリー(を初めて買った記念)の日となりました。

というわけで、どうにか1週間、無理せず続いてきたましたが
それなりの達成感とクリスマスツリーを手に入れ
今週の「今日は何の日」を終わります。
お付き合いいただきまして、ありがとうございました。


d0002143_2141496.jpg
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2011-12-07 21:37 | Comments(0)

発明家エジソンが1877(明治10)年、
蓄音機による録音と再生に成功した日なんだそうです。

今では当たり前に好きな音を好きな時に何度でも再生できますが
その始まりが、蓄音機。

多くの人が夢見、夢にさえ見ることがない人もいたかもしれない
音を留めて自在に甦らせる装置。

今あたりまえにあるものの多くは
いつか誰かが0からその仕組みを生み出したもの。
私達には、それが生まれた当時の感動と興奮は味わえないけれど…

私が高校生だった頃は
音響は「おーぷんでっき」という機械で音を流していました。
編集は録音したテープを切って貼って繋げるアナログなもの。
音を流す時は「ガチャン」と大きな音がして
流す前に客席にわかっちゃう。
音のつなぎ目だとか、デジタルに比べれば雲泥の差だけれど
それはそれで上手に繋がったときの感動と興奮は
手作業だからこその味わい深いものだったかと。

ちょっとそんな気分が味わえるかも↓
大人の科学.net(新エジソン式コップ蓄音機)
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2011-12-06 20:38 | Comments(0)

何の説明もいらないものと思いますが
ミッキーマウスの生みの親『ウォルト・ディズニー』の誕生日だそうです。
いつもの形式にこだわるならば
「ウォルト・ディズニー誕生の日」としたいところですが。
してもいいくらいだと思いますが。
(因みにバミューダトライアングルについては書くネタを持っていないので
今回はあえてコレをチョイス。)
てことは、ウォルト・ディズニーは射手座なんですね。

幾つになっても私にとって、あこがれの場所「ディズニーランド」。
行けずにいるから尚更、行きたい場所NO1の座は殿堂入り。
一人でも行きゃいいのかもしれませんが、その勇気はないんです…
ああ私の意気地なし。

もしも近くに住んでいたとしたら、いつでも好きなだけ行けたろうに。
でもって、キャストとか、夢の国の一員として働いてもみたかったし。
これもまた、「あこがれ」のままだからいいのかもしれませんが。

「ディズニーランドは永遠に未完成。」
いつまでも終わらない夢を見続けているよう。
私の想いも継続中。

d0002143_20554180.jpg
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2011-12-05 21:00 | Comments(0)

スピルバーグ監督の大ヒット作品である映画『E.T.』が
1982(昭和57)年、日本で公開されました。

子どもの頃、親に連れて行ってもらい映画館で観ました。
テーマ曲は今でもすぐに思い出せます。
当時の私にとって映画館は、めったに行く事のできない特別な場所で
大スクリーンに映し出される夢のような世界を
わくわくしながら楽しんでいたことを思い出します。

やたらめったらETグッズが出回り
お祭りの夜店で、何のおまけだったのか
ゴム製のマスコットをいくつか持っていました。
懐かしい…

名場面の台詞、ずっと「イーティー ゴーホーム」だと思ってたけど
実際は「~フォーン ホーム」だったんですね~

あらためて観てみたい作品のひとつです。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2011-12-04 21:36 | Comments(0)

今日は『カレンダーの日』です。

日本で現在使用している太陽暦が採用されたのは1872年(明治5年)のこと。
「来る12月3日を新暦(太陽暦)の明治6年1月1日とする」と
旧暦を採用していた当時、政府が発表しました。

カレンダーには、出版権をめぐる歴史があり
今のように自由に販売されるようになったのは戦後からということです。

この季節、巷には様々なデザインのカレンダーがあふれます。
どれもステキで迷っちゃいますが
先日ついに、職場のデスク用を購入~
「2012 CALENDAR Bear’s Wish」
六曜・二十四節気付き
各月1枚、かわいいイラストと小さなメッセージつきで
こころを癒してくれそうです。
小さなスペースに来月分も一緒に書いてあるタイプが
けっこう好きです。

d0002143_116978.jpg
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2011-12-03 23:59 | Comments(0)

今日は『日本人宇宙飛行記念日』です。
当時TBS社員であった秋山豊寛さんが
日本人として初めて宇宙へ向けて飛び立った日。
宇宙からの第一声が「これ、本番ですか」という言葉だったそうです。
37時間にも及ぶ宇宙からの中継が
お茶の間にひと時の宇宙旅行気分を届けたようです。

我が家の茶の間で最近流行っていたのが
「銀貨鉄道999」
アニメですが、これもまた宇宙旅行気分が楽しめます。
にしても松本零士の発想力はすごい。
惑星の設定とか、そこに住む人たちとか
どうしたらこんなことが思いつけるのかという
個性派揃いで楽しめます。

今回、第一回目から見ることができ
鉄郎とメーテルがどうやって出会い、旅を始めるのか
ようやくわかりました。

あのエンディングでくるくる回っている物体
ずっとスプーンかと思ってた(笑)

まだ最初の数回しか見てませんが
手軽に宇宙旅行気分が味わえるかもw
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2011-12-02 22:09 | Comments(0)

当番がまわって来たので、久々にこのネタで行きます。
まあ、無理せず、行けるところまで~さくっと。

というわけで、今日は『映画の日』です。
日本で初めて神戸市において映画が一般公開されたのを記念して、
日本映画連合会が制定した記念日だそうです。

私あまり映画館に行くことはないのですが…

あ!つい最近、ありました。
レディースデイを利用して観たのが、三谷幸喜監督の『ステキな金縛り』。
ネタバレになるので具体的な話しはしませんが

深津絵里かわいい~
西田敏行おかしい~
出演者が豪華~

個人的に惜しかったのは、笑いすぎてしまい
泣きどころをすっかり逃してしまったことでしょうかorz

そのくらい終始笑いっぱなしで、期待通りの面白さでしたv

d0002143_2331795.jpg
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2011-12-01 23:32 | Comments(0)