みっしー(東北大好き)

『地元』が好きです。
盛岡を含めた、岩手県全部。さらには、岩手を含めた東北全部が好きです。身内びいき。

先日、楽天イーグルスが優勝しましたね。
悲願の初優勝。
別に普段から野球ファンっていうわけでもないし、野球に詳しいわけでもないけど、なんだかウルっときました。
思えば9年前、『寄せ集め集団』とか言われて、ぶっちぎり最下位の成績からスタートしたのでしたね。
そんな過去から脱しての優勝。
どれだけの苦労があったのか…とか考えちゃって、胸が熱くなります。
『身内びいき』主義も重なって、例えるなら、親戚のおばちゃんの心境。
「あ~んなにィ、やせっぽちだったァ親戚の〇〇がァ、立派な大人になってェ」みたいな。(「」の中は、方言のイントネーションで読むイメージです)

おめでとう、楽天。
感動をありがとう、楽天。
…ついでに、優勝セールもありがとう、楽天。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2013-09-30 22:58 | Comments(0)

今年もやって来ました、ゲキシネ!!
劇団新感線『シレンとラギ』がまもなく公開なのです♪
去年公開した『髑髏城の七人』はあまりの衝撃とハマりっぷりに、公演後一番値段の高い舞台のパンフレットが付いた数量限定DVDセットを購入した程です!

今年はまたストーリーが面白そうな予感…♪
私としては衣装も気になる所です。

公開まであと2日。
今から楽しみです(*´ω`*)



そして、素敵音響えみ様がつぶやきましたが、9/25~26の八芝『もりげき王』にて小卒チームで裏方スタッフ(黒子)で参加しております。
久々の舞台裏方スタッフ。
いかに気配を消せるか…勝負所です。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2013-09-24 23:46 | Comments(0)

えみ(宣伝そのに)

世の中3連休。

…ですが毎月本番を抱えているわたくし、連休中も気が抜けません。
もうね、年齢とともに体力も記憶力もおそろしく低下し、
栄養剤やサプリメント的なものが欠かせなくなってきました。

でもまあ、身体は大変ですが充実した日々を送っております。

そんなわけで宣伝そのに。

わたくし、今週行われるもりげき王という企画でコトナコナタさんに客演します。

以下詳細↓
---------------------------------
もりげき八時の芝居小屋第131回
「もりげき王 ~観客参加型短編演劇コンテスト~」
プロデューサー/くらもちひろゆき
【日時】2013年9月25日(水)~27日(金)20:00~
※開場は開演の30分前です。

【会場】盛岡劇場タウンホール

【審査方法】
観客審査票 一人一票
特別審査員 一般審査員と同票を3人で案分
※会場にて投票、即時開票にて勝者を決定します。

【25日(水):予選】
1.古谷仁成(土曜夜麻痺) 「土曜夜麻痺」
2.瀧川香奈子(劇団もりのべる) [ドアの向こう側」
3.猿橋勇人(劇団コトナコナタ) 「アパート探し」
4.高村明彦(現代時報) 「お願い」

【26日(木):予選】
1.嵯峨瞳(劇団かっぱ)「線香花火をもう一度」
2.雪ノ浦光佑(小卒) 「1592」
3.斎藤英樹(劇団ゼミナール) 「必要とされる人間」
4.川村利希(劇団しばいぬ)「しちがつのしゅうまつに」

【27日(金):決勝】
遠藤雄史(トラブルカフェシアター) 「ホームラン」
25日勝者
26日勝者 

【料金】前売:1000円 当日:1200円
※各回110席限定!前売券完売の場合は、当日券の発行はございません。

-------------------------------------

小卒にはよしこのおしゃれ番長、えっちゃんがスタッフで参加。

同じ団体に所属していながらライバル同士、という珍しい状況を
密かに楽しんでいる今日この頃でした。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2013-09-23 08:16 | Comments(0)

最近、とても気になる人がいるんです。
これはもう「恋」なのかもしれません。

その存在を知ったのは、半年くらい前の事でしょうか。
「なんだコイツは!!」という衝撃が第一印象だった気がします。
それは「ちょっとコワい(&キモい)」というのも混じっていて
とにかくあんまりいい印象ではなかった。

それからしばらく経った頃
彼みたいな人たちの総選挙で彼が1位になったと聞き
気になってyoutubeで検索し、いろんな動画を見ました。
見ているとそのうち最初の「ちょっとコワい(&キモい)」から
「面白い」に変わり
「かわいいかも、いやむしろかわいい」に変わり
「すごい…(尊敬)」も混じり始め
意外と気を遣うところや実は地道で努力家だとか
サービス精神旺盛だったりする姿を知れば知るほど
「実はいい人」と…

第一印象悪かった人のその人となりを知るうちに
どんどん良い印象に変わり、むしろ大逆転して
気付いたら好きになっていた、そのパターンですね。

私、昔バイトでイベントやPR等、ちょっとしたショーに
着ぐるみを着て出ていた時期があり
今でも機会があれば着てみたいくらいで
着ぐるみをちょっと意識してしまいます。
TDRのショーのミッキーや、
各種スポーツをプロ並みにこなすガチャピンは
神の領域にいると思っています。
そんな私の前に現れた彼…

そのキュートなフォルムはもちろん
人の良さがにじみ出るトークや
跳び箱3段を越えるジャンプ力。
キレのあるの動きが特徴的な彼も
実はもともとそんなに動いてなくて
体を揺らすとみんなが喜ぶから
それを見てどんどん動くようになったのだとか。
そんな意外な真実もまた、恋心に拍車をかけるのもです。








d0002143_17383724.jpg



















好きすぎて、ついに某所にグッズを探しに行きました。
入り口には特設コーナーが出来ていて
たくさんのグッズの中から選んだのが
「決めポーズぬいぐるみ」。
本物のフォルムを極限まで再現し
手足が動き、好きなポーズが付けられるという優れもの!
あんなポーズや、そんなポーズも自由自在です。
背中にはちゃんとファスナーイリュージョンもついています。
落ち込んだ時には、ちょっと笑顔になれるなっしー

d0002143_17391090.jpg
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2013-09-17 18:35 | Comments(0)

オリンピック、東京に決定しましたね。

東京で開催することでなにかメリットがあるのだろうか…あまり興味がないのでよくわかっていません(・∀・;)

とりあえず、7年後に思いを巡らす。

………。

来年もどうなっているかわからない不安定な生き方をしている私にとって、7年後は未知すぎる。

まあ今と変わらない日々を送っているのかもしれないし、それが一番幸せなことかも知れないとも思う。

とにかく、健康で笑っていられる7年後であってほしいと思います。

いや、7年後といわずずっとだけど。

健康でいられる自信は少しないけど、笑うことはできるか…

不健康になっても、膝が痛いだの肩が痛いだの言ってもとりあえず笑っておくか。。。

うん。ちょっと楽しいかもしれない。

いや、怖い?(笑)

あれ?でもこの状況、どっかで見たことあるような。


…よしこの柔軟の時間だ…。

あちこち痛い痛いと言いながら笑っております…。

た の し い ね!(おもてなし、のリズムでどうぞ)
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2013-09-13 20:20 | Comments(1)

ちかこ(今年の夏)

『アメージング・グレイス』
感謝と希望をこめた中学生の吹奏楽演奏がありました。
サビの旋律は知っていましたが、通して聴くのは初めてでした。
タイミング的に豪雨災害の後でもあり、心に深く響きました。

花火も観ましたよ。
毎年恒例のイベントは嬉しく有難いですね。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2013-09-07 15:16 | Comments(0)

きよ(花火大会)

先日何年かぶりでついに念願の大曲の花火大会にいってまいりました。

最高です。さんどの飯より花火好きな私にとっては至福のときでした。
是非みなさま一度はどうぞ。

しかしながら、大変疲れます。体力つけていってください。

今年の人では70万人だったとか。そうぞうつきません。がものすごい人です。
人をみるのも楽しみの一つかもしれません。

ひとつ印象に残る光景をみました。花火ではありませんが、
小さい小学1年生ぐらいの男の子と父の会話
「もう、あるけないよ」
「だから、さっき寝ておけっていっただろう。。。」
「うえーん」
「○○頑張れ、あと少しだっ」
「うえーん」

泣きながら歩く息子とたくさんの荷物を持ちながら歩く父

どちらの気持ちも痛いほどわかる光景でした。
やはり大曲デビューはもう少し先がよかったのではないか・・。どちらも悪くない悪いのはこの花火大会が有名だから・・混雑が・・

とひしひしとかんじました。

もうひとつ私にささやかな目標ができました。
花火鑑賞士という資格があることが判明。是非花火鑑賞士になり全国の花火大会を行脚したいと思いました。
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2013-09-02 07:56 | Comments(0)

まさよ(迷走タイム)

パシフィック・リムを見ました。4回見ました。大事なことなので繰り返します。

4回見ました。

ツイッターなどで「面白い!」という話は見かけていて気にはなっていたんですが、怪獣映画だしなぁと流行に乗らずにおりましたが、先週やっと見てみたんです。
人生初の3D映画!眼鏡も買ったし、準備OK!と入場して約2時間半。

興奮で足がフラフラしました。
エンドロールの一番最後で泣きました。
メインテーマの曲に交際を申し込まれたら断れないと真剣に思いました。
何故もっと早く見に来なかったのか...と自分を殴りたくなりました。

...良かった!!!!!!←あくまでも、個人的感想。

怪獣映画が好きな監督さんが、自分が見たい怪獣映画を作ったのがこの作品なんだと思います。
「好き」という感情は、色々な原動力だと思うのです。「好き」だから頑張れたり、妥協したくないからその時点での出来る限りのものを見せたり。

それにしても...良かった!!!

1回目は展開が分からなかったので「あっ?!」「うわぁぁぁぁぁぁ!!!」と、ストーリーを愉しむ余裕はありませんでした。
2回目は展開が分かるので、安心してストーリーを楽しめます。のめりこめます。故に、泣けます。
3回目になると、いろいろなところで見かけたネタばれや情報を元にして「おお、これが例のシーンか...!」と、より深く楽しめます。

あくまでも、個人的感想です。

でもね?
子供の頃に(もちろん、大人になってからでも)ウルト●マンや仮面ラ○ダーを見て胸を熱くした人は、見て間違いじゃないと思うのです。

あー、少なくとももう1回は3Dで見たい...!

今、リアルでちょっとだけモヤモヤしているんですが、「自分の『好き』を貫こう!」とこの映画を見ると思えるのです。
私は私で頑張ろう!


夜の魔法にかかってこのブログを更新しましたが、朝になって魔法が解けたら直しを入れるかもw
なーんてね\(^▽^)/
[PR]
by yoshiko-gekidan | 2013-09-01 00:39 | Comments(0)