まつみ(生き返った)

みなさんこんばんは。
最近は、照明プランと、たまーに来て変なアドバイスをしている私です。

先週、とあるライヴに行ってきました。
彼らは、よしこの結成と同じ92年にメジャーデビューをし、
01年活動休止、04年解散していました。
(でも、よしこはその間も、休憩を2回とりながらも頑張っていました。)
それが今年、1月8日に復活。もう、解散しないそうです。死ぬまで。

で、今月頭に、実際チケットが届くまで、「だまされてるんじゃないか?」
と、かなりドキドキしていた私、
3月によしこの通しを決める時、「その日は、黄色いお猿さんを見に行くから来れない・・・」
とか、ライブ当日、娘に「今日は、盛岡に(本当は仙台)こわいおじさんたちの舞台を見に行ってくるからね、先に寝ててね」「(娘)よしこみたいなの?」 「(私)うん、まあ、そう」
と、名前を口に出せずにいました。

思えば、01年1月8日は大雪が降り、盛岡から東京ドームへのバスツアーに乗ったものの、
このままでは間に合わない、ということで、仙台から新幹線に乗り換えたハズが、
新幹線は一ノ関駅へ逆戻り・・・しかし、おかげで座ることが出来、東京についたら
雪のゆの字もなく、ライヴのMCの、「雪、止まなけりゃよかったな」との発言に、
「うううううううううう、憎し、愛し・・・・!」という事件(?)がありました。
あれから15年。
子育てで、曲を聴くことも少なくなっていました。
どうなってるんだろう、彼らも私も。

今回、旦那(ライヴ初体験)と一緒だったので、始まったら、
「こいつ気がくるってるんじゃね?」と思われるかと薄く不安でしたが、
いざ始まったら、そんなことどうでもよかった。
体と心の反応には逆らえなかった・・・
叫んだり、踊ったり、泣いたり笑ったりできました。
そう、私も生き返ったのでありました。

後日、「あのオープニングとか、毎回同じなの?」と旦那に言われ、
「ツアー中同じだけど、何回見ても感動するんだよ」と話しました。
舞台って、一つの公演の間は基本同じことの繰り返しです。
本番どころか、稽古の最中から、何度見ても感動を呼び起こせるように
しなければなりません。でも、初日があって、最終日が来る。
それは、その「とき」に対する思い入れであって、作品の感動とは違います。
作品の感動のために、よしこは、今、がんばっています。

ちなみに、彼らTHE YELLOW MONKEYがお休みしたのは、
よしこが「葬双行進曲(ソウソウマーチ)」の新宿公演の時からです。
長かった~。




[PR]
by yoshiko-gekidan | 2016-06-25 00:15 | Comments(0)

きよ(テレビと私)

最近、夜テレビをみていません。
今時こうなのかな?
音はほしいけど
ほかは、いらないかんじです。

よしこで旅公演の時
はテレビのない生活をしていたので、そんな感じです。
ぜんぜん不便をかんじず、すごしておりました。


そもそも、最近は、テレビに時間をとられている感じがしていたので
なんとなくいいきがします。
面白いと思うとずっとみていたりするので、テレビは、わたしにとって、ライバルのような、悪い友達のような、そんな関係です。

なんだか、でも、こういうスタンスがわたしとテレビの距離感かと思います。

ただ、テレビをみないと世の中から取り残されてしまうので、朝だけは、みています。
いや、もう、取り残されているかも?

とりとめありませんが、それでは皆さん、ご機嫌よう。

[PR]
by yoshiko-gekidan | 2016-06-21 22:18 | Comments(0)

東北地方とうとう梅雨入りしたそうですね。
猫っ毛にはツライ時期到来です。

先日のこと。
今乗っている愛車の調子がすこぶる悪く、整備工場でみてもらったところ修理代プラス車検代で中古車が買えそうなお値段。
応急処置を施して貰ったもののいつ壊れてもおかしくないとのことで、「とうとうこの日が来たか」と意気消沈。
そんな中、ふと思い立ってふらりと寄った中古車屋さんで運命の出会いを果たし、めでたく購入の運びと相成りました。
d0002143_00130661.jpeg
脳内にチェーホフの三人姉妹のあの台詞がエンドレスで聴こえてきます。
「働かなくちゃ、ただもう働かなくちゃ」

納車は今週末。
思い出深い我が愛車、大事に大事に乗っています。
どうか納車までもってくれたのむ!







[PR]
by yoshiko-gekidan | 2016-06-14 00:00 | Comments(0)