「痛い話」

職場の人で、包丁を研いでもらったら切れすぎて指を削いでしまった人がいる。

痛い痛い。

そういう私も、何年か前に裁断機で指先を削いでしまった。

痛い痛い。


でも最近一番痛いのは、朝出勤すると机の上に前日の仕事のやり直しのブツがから~っと並べて置いてあることだ。


痛いようっ(>_<)
[PR]
# by yoshiko-gekidan | 2005-03-07 07:11 | Comments(0)

過去のつぶやき

過去のつぶやきはこちら
[PR]
# by yoshiko-gekidan | 2005-03-02 07:20 | Comments(0)

よしことは

よしことは、盛岡を拠点に活動している
女性だけの劇団です。

よしこ(劇団)のホームページはこちら

《プロフィール》
1992年結成。1993年『見世物屋敷』で旗揚げ。
『毒のあるメルヘン』をコンセプトに活動する“よしこ”の芝居は、
ちょっぴり切なく、かつ毒々しい。
女性だけで創り出されるその舞台は、不可解でもあり、華々しくもある。
『五感に訴える芝居』と評されるその舞台のテーマには死生、狂気、胎内、
血液、骨など人の心の奥に眠る感覚が流れている。
今までに21回の公演と4回の番外公演を行い、
1999年には一貫した世界観を認められ、
もりげき演劇賞「創作戯曲賞」「宣伝美術賞」をそれぞれ受賞。
2001年、初の盛岡・仙台・東京の三都市公演を行う。
2002年、劇団結成10周年公演の終了をもって一年間公演活動を休止。
2004年、第14回公演「さらば夏の思い出」にて復活し、
同作品で第三回盛岡市民演劇賞大賞受賞。
2011年、第20回公演「花葬日記」が第9回盛岡市民演劇賞大賞を、
演技部門を大沼由希が受賞。
2012年、第21回公演「空耳祈譚」で第10回盛岡市民演劇賞
衣裳部門を藤原悦子が受賞。
同年、劇団結成20周年公演の終了をもって
再び一年間公演活動を休止する。
2014年、活動を再開。
[PR]
# by yoshiko-gekidan | 2001-12-31 23:59 | よしこって? | Comments(0)